❶ 家族との新たな交流が生まれる

自分史を残すにあたり両親や夫、妻、子どもなど家族に聞くべきことがたくさん出てくると思うので、おのずと家族とのコミュニケーションが増えます。また、一歩立ちどまり、家族と過ごした歴史を振り返るいい機会になるでしょう。

このように「自分史制作」をきっかけに自然と今より家族の距離が近くなり、いざ「自分史」が完成したら、それはきっと家族みんなの掛け替えのない宝物になるはずです。


❷ 自身の思いを半永久的に残せる

経験豊富なインタビュアが、ロングインタビューを通じてお客様の思いを伺わせていただきます。とはいえ話したことを、そのまま記事にするわけではありません。よりお客様の思いが分かりやすく伝わるよう、またより意味のある誌面になるように、専門のスタッフが編集いたします。

また、当日撮影させていただく画像データに関しましても、お客様の思いがより読者に伝わるよう、効果的に誌面へと反映させていただきます(お手持ちの紙焼き写真・画像データを反映することも可能です)。なお作成する誌面のほか、当日撮影分の画像データも記念として贈呈いたします。

なお、デジタルデータの寿命が数十年なのに対し、誌面に用いる紙の寿命は約400年ほど。保存できる期間を考えると、紙で残す意味も大きいと思います。


❸ 話すだけで気軽につくれる

お客様へのインタビュー内容をもとに編集部で記事を構築するので、基本的にお客様に執筆していただくことはありません(すでに書いてあるものを反映する安価なコースもあります)。

簡単な略歴シート、Q&Aアンケートに記入いだだくのみで大丈夫です。また取材場所に関しては、弊社の取材班がお客様のご自宅、または周辺の施設まで出向かせていただきます。

自分の過去を誰かに話すことで思いもよらなかった記憶がよみがえることもあるので、インタビュー形式は自分史をつくるうえで最適な方法であると言えるかもしれません。


❹ 業界最安値の制作費

従来の自分史作成サービスは、ご自身で執筆した文章をもとに製本するだけのサービスや、取材込みになるとページ数が多く金額も数十万~100万円ほどかかるといったものが主流でした。

そのなかで弊社では「どなたにでも気軽に制作していただきたい」との思いから、取材・写真撮影込みで5万円~という圧倒的なコストパフォーマンスの高さを感じていただける体制を整えました。

なお、安価に展開できる秘訣は(1)少数精鋭のスタッフによる小規模体制(2)印刷・製本技術の向上(3)誌面フォーマットによる効率化(4)3冊という少部数から製本可能 などが挙げられます。


❺ 経済誌の元編集長による、上質な編集

話した内容をそのまま文字にするだけではまとまりに欠き、思いは伝わりません。しっかり内容が伝わるものをつくるには、やはりしっかりした編集作業が必要になってきます。

 そのなかで「みんなの歴史」では企業情報誌の元編集長が、大手企業経営者や文化人、有名タレント、一流アスリート、3000名を超える中小企業経営者の記事作成を手がけてきたノウハウをフルに活かし、皆様の記事を完全監修いたします。きっと、思いの伝わる内容に仕上がります。



親孝行のツールとして / 家族の記念日の贈り物として

精神的豊かさの価値が見直されている今、「親に自分史をプレゼントする」のが親孝行の新たな形としてにわかに広まっています。それが‟家族の絆をじんわり深める”ことに繋がっていきます。

また喜寿や米寿といった長寿のお祝い、母の日・父の日などの記念日に贈る、両親や祖父母へのプレゼントしても最適です。自分史作成を通じ、それまで知ることのなかった家族の新しい一面がみられるかもしれません。


人生の節目で / 自己成長の一環として

取材対象は、自分の考えを自分の言葉で述べられるのならばどなたでも。「志望校に合格したとき」「社会人の第一歩目として」「結婚を機に」「子供が生まれて」「転職のタイミング」「マイホーム取得」「子供が巣立って」「定年退職」「終活の一環」など、さまざまな節目で人生を振り返っていただくことで、自己の成長や心境の変化などに気付けるはずです。

最適なタイミングとしては、第二の人生を歩み始める定年退職を機に、でしょうか。「自分史」は人生の終わりにつくるのではありません。これからの人生を豊かにするためにつくるのです。節目のたびに自分史をつくるというのもアリだと思います。

STEP

1

取材日時・場所を決める

メール(minreki1@gmail.com)か電話(090-6548-3331)にて、希望の日時、場所をお知らせください。場所については写真撮影の都合上、ご自宅またはご自宅付近の施設でお願いしております。それ以外の場所を希望される際はその旨、お知らせいただけると幸いです。

STEP

2

インタビュー取材(約1.5~3時間ほど)

経験豊富なスタッフがインタビュアとなり、お客様のお話を聞かせていただきます。時間内で収まりきらない場合は多少の延長や、後日電話での追加取材など、フレキシブルに対応いたします。またお客様のことが分かる資料などをお借りできましたら、その情報も誌面に反映させていただきます。

STEP

3

誌面用の写真撮影

インタビュー終了後、誌面用の写真撮影をします。表紙用、記事用など数パターンを撮影させていただき、ご要望に応じてその際の画像データも贈呈させていただきます。またテキストの資料同様、使用を希望される紙焼き写真・画像データがございましたら、スキャンしたうえで誌面に反映することが可能です。

STEP

4

原稿のチェック

印刷・製本前に、テキストデータとしてご確認いただきます。誤った情報がありましたら、ご指摘いただいたうえ適宜修正いたします。原則、チェックは一度のみとさせていただいており、大幅な文字修正や画像差し替えなどを希望される際には別途オプションにて対応させていただきます。

STEP

5

冊子の納品(取材から約2か月後)

取材日から約2ヶ月の製作期間をいただいたうえ、冊子3部を郵送にて納品いたします。追加で注文される場合は、1部につき2000円(税別)+送料で承ります。

STEP

1

取材日時・場所を決める

メール(minreki1@gmail.com)か電話(090-6548-3331)にて、希望の日時、場所をお知らせください。場所については写真撮影の都合上、ご自宅またはご自宅付近の施設でお願いしております。それ以外の場所を希望される際はその旨、お知らせいただけると幸いです。

「みんなの歴史」(対象者1名)

エコノミー      5万円

オールカラー8ページ 取材約30分(お客様の原稿を元に作成)+ 写真撮影 3部サービス


スタンダード    12万円  7万円

オールカラー12ページ 取材約2時間+写真撮影 5部サービス


スタンダードプラス  16万円  11万円

オールカラー16ページ 取材2時間半~3時間+写真撮影 10部サービス

「ふたりの歴史」(対象者2名)

スタンダード    16万円

オールカラー12ページ 取材約2時間+写真撮影 10部サービス


スタンダードプラス 20万円

オールカラー16ページ 取材約2時間半~3時間+写真撮影 15部サービス


料金に含まれるもの

       ・訪問インタビュー
       ・写真撮影
       ・原稿作成
       ・誌面レイアウト
       ・編集作業、文字校正
       ・印刷、製本費
       ・記念写真サービス
       ・冊子の送料

オプション

・写真差し替えや文字修正など大幅な変更 10000円
・雑誌増刷 一部につき             2000円
4ページ追加につき           40000円


※なお、金額はすべて税別です。交通費につきましては、都内は無料です。また東京都以外の地域に関しましては、1人分の往復の交通費を負担していただけましたら、全国どのエリアでも伺わせていただきます。

お問い合わせ・お申込み


 電 話:042-452-7112 / 090-6548-3331
 (9:00~21:00 土日祝も対応可能です)
   MAIL:minreki1@gmail.com



代表あいさつ

「みんなの歴史」編集部 代表

坪田 康佑


こんにちは! ホームページを閲覧いただきありがとうございます。
みんなの歴史 編集部の坪田康佑(つぼたこうすけ)です。 

突然ですが私は、私の父の両親、私の母の両親がどんな人だったのか知りません。恥ずかしながら両親のことだって、そんなには詳しくありません。じゃあ、なぜ知らないか。それは知るための媒体がないからです。それならばその媒体を気軽につくれるサービスを生み出してみようと思ったのが、会社設立の経緯でした。一人につき10代さかのぼると1024名もの先祖がいるわけですが、自分のルーツとなる彼らがどんな人だったのか、どんな考えを持っていたのかを、誰も、何も知らないのって、なんだか寂しい気もしますからね。

幸いにして私はこれまで約11年間にわたり、中小企業情報誌「COMPANYTANK」の編集長を務めてきました。在籍時には大手企業経営者や文化人、タレント、アスリートといった著名な方々を取材させていただき、また、3000名を超える中小企業経営者の対談記事を制作してきました。そのなかで培った記事作成のノウハウを生かすことで、皆様の‟生きている証”をしっかり残すことができると確信しています。

自分史は、万人が目を通すものではありません。でも、つくる過程で家族の距離は確実に縮まります。完成したら、あなたの大切な人ならきっと読んでくれるはずです。そして、家族の絆を今以上に深められたら、記事を読んだ誰かの人生を好転させることができたなら、これってなんだか素晴らしいことだと思いませんか? もしあなたの人生が輝かしいものであるなら、ぜひそれを形にするお手伝いをさせてください。気軽にご連絡をいただけたら、本当にうれしく思います。

 みんなの歴史 編集部

042-452-7112
090-6548-3331

〒188-0014 東京都西東京市芝久保町5-5-9
F A X:042-452-7112
MAIL:minreki1@gmail.com
URL http://www.minreki1.xyz/
BLOG http://ameblo.jp/jibunshi1 (「自分史」製作所)
         http://minreki1.blog.fc2.com/ (自分史ひとくちメモ)